.
蔵のギャラリー「蒼」は、武蔵野の面影を残す風景に囲まれた企画ギャラリーです。



□ 武蔵野の面影

 「武蔵野」は何処か郷愁を感じる言葉。
国木田独歩は著作『武蔵野』の中で、この場所が我らの感を惹くのは「田舎の人にも都会の人にも感興を起こさしむるような物語…そこらの軒先に隠れていそうに思われるからであろう。…大都会の生活の名残と田舎の生活の余波がここで落ち合って、緩やかにうずを巻いているようにも思われる。」と当時の畑と林が入り組み「ここに自然あり、ここに生活あり」の自然と暮らしが一体となった風景を描いています。松庵村もそのような暮らしと風景の中にありました。

 江戸時代の新田開発から繋がる農の暮らし。武蔵野の風景は『人の手による自然』の姿でした。家屋、納屋、養蚕小屋、作業場、防風林、畑、ブナや楢の農業用人工林がありました。いまも五日市街道沿いから家と蔵と防風林と畑がそのたたずまいを遺しています。大正五年に高祖父銀次郎によって建てられた蔵は、明治へと移り変わる激動の時代に只管農業に向い続けた努力の結晶です。大切にしたい心と蔵と風景。蔵のギャラリー「蒼」はそこからはじまりました。



□ 企画ギャラリー「蒼」

 時間をかけて丁寧な企画をすることを心掛けています。
創作と真摯に向きあい続ける事は稀有な事と考えています。作品をご覧になって戴く為に蒼として勤めたいと思います。
企画コンサートも行っています。場所の貸出は行っておりませんのであしからずご了承くださいませ。
 
〒167-0054 東京都杉並区松庵2丁目18番26号 蔵
問合せ  03-3331-3681 11時-19時 月曜定休
若しくはメール
不定期開催

 開催案内はこちらをご覧ください。
ご案内のDM,メールDMをご希望、若しくは各種お問合せはお問合せ よりご要望をお送りください。



□ 姉妹施設


 グリーングラス窪田農場 −土とともに太陽とともに 自然の摂理に従った農業を

 旬の露地野菜、果物、地粉、後藤もみじ卵、東京烏骨鶏卵などを生産直売しています。
落ち葉と鶏糞等を堆肥に農薬化学肥料を使わずに循環型農業を実践しています。
販売できる品目は天候等により、変わります。
 
〒167-0054 東京都杉並区松庵2丁目28番26号 蔵
直売所  11時-12時、14時-16時
問合せ  03-3331-3683 (窪田)
もしくはメール

養鶏ブログ  
東京の田舎暮らし―鶏といっしょ

春は菜の花、蕗、筍、春キャベツ
夏は胡瓜、トマト、茄子、隠元、ししとう、馬鈴薯、玉葱、ブルーベリー
秋〜冬は薩摩芋から始まって里芋、蕪、小松菜、日本法蓮草、九条葱、下仁田葱,大根
柿、栗、キウイフルーツ、夏蜜柑、柚子
地粉、後藤もみじ卵と東京烏骨鶏卵は通年、一月と八月の末は若鶏の卵

*年末年始のみ休業。但し天候、農作業他により時間変更又はお休みをすることもあります。
遠くからお越しの場合などお電話でお問合せくださいましたら、お取り置きも致します。
卵は発送もできます。



 地域のカルチャー教室 松庵舎

 時代は進化しても『本質』は大切にしたい、それは私達の願いです。
農業も自然を感じる力が必要なように、ギャラリーも作品を捉える力が必要なように。
日々の暮らしの中のちいさな一歩でも教養、芸術、創作が誰かの幸福の礎となれたらと願います。
集うことの愉しさ、ぜひご一緒したいと思います。
 
開講中の講座
写真教室  講師 奥村森 (美を楽しむ、ぶらり取材体験も開講)
編物教室  講師 千石百合子
 
〒167-0054 東京都杉並区松庵2丁目23番26号 ル・ジャルダン・アンテリウール0
問合せ  03-5356-6606 10-19時 月曜除く
若しくは メール


About the owner

窪田幸子

蒼で開催した企画展作家の作品を中心に扱うウェブショップです。

作家から委託を受けた作品もしくは蒼が仕入購入した作品で、中古品ではありません。

照明学会正会員
資格:照明士(照明学会認定)

お問合せは
03-3331-3681
までお気軽にどうぞ。